「蘋果日報」電子バージョン: http://www.eat-travel.com.tw/eat/2015052 […]

雲之南麗江の雷魚鍋 – 壹週刊 飲食男女
9

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という諺があるよう、昔の台湾人は教科書を通じて中国の地理を学んできたけど、外モンゴルは独立したかどうかや、東北部にある省市は九つか三つかなどの問題について、論争が止まらない。固い教科書より、各地方のグルメを味わう印象はよっぽど深かった。
土地が広くて物産も豊富である中国は、お鍋の種類も色々ありあり。南川・北白・蒙羊といえば、それは四川の麻辣(マーラー)鍋・東北の白菜の漬物と豚肉鍋・モンゴルの羊鍋を指すである。古代の帝王でいなければ食べれない北京の羊のしゃぶしゃぶは、高級食材で独自の旗を揚げる。四川の隣りにいる貴州の鶏肉炒め鍋及び雲南麗江の雷魚鍋は、国境辺りにある独特な風味を語る。古来資源が豊かである南方、広州の順德はお粥作りが得意、香港とマカオは豚骨煮と牛テールのトマト煮がある。八つのお鍋が揃え、優劣をつけない!
台湾初上陸 雲南麗江の名物
近年台湾に現れた中華風お鍋は、中国四方からの味が様々あるけど、その中に最も珍しいのは、雲南の麗江地方で名を馳せたけど、台湾初上陸の雷魚鍋である。

続きを読む

女将さん – 雲之南の写真集
麗江のある地区に撮った、撮影者:黃大衛

続きを読む

店の中には雲南の少数民族であるナシ族が使われているトンパ文字及び披星戴月と呼ばれる服装を飾っており、また台湾で有名な溫也寒竹藝坊と手を組んて、竹灯籠を設計と製作した。竹藝坊の担当者の寒竹先生が手作りするユニークな斜めの織り方で一体化を完成した竹灯籠は手作りなので一つ作るには七日間も必要です。店の真ん中には衝立障子とした孟宗竹を嵌めている。壁に貼り付けたのは雲南の風景写真であり、店の中に流れたのは麗江の民俗音楽である。お客様が美味しい料理を食べながら、雲南の美景に思いを馳せてほしい。

続きを読む

雲南麗江の納西地方のグルメ、120年の歴史がある。 обзор летних шин для кроссове […]

  麗江餅は雲南のお土産、麗江では最も有名及び特別な伝統グルメです。美味しい米を、洗う・浸ける・蒸す […]

古い重慶スパイシー、感動の発売!! 魚のだし汁に本格の四川郫県の豆板醤・大紅袍花山椒・雲南青花山椒及び数種類の […]

本店が採用したラム肉は、ニュージーランド出産したラムネット巻きショルダー(骨無しブロック)。 雲の南にとって、 […]